【健康】睡眠不足にCBD!良質な睡眠があなたの生活を変える!

こんにちは!
aloha(アロハ)~fine&natural~うめきた店です。

今回は、元研究員で健康オタクのスタッフがお送りします。
みなさん、最近「ぐっすり」眠れていますか?

睡眠
出典:Unsplash

 

睡眠は人生の3分の1を占めています。

100歳まで生きると言われている今、約33年間を睡眠に使っているんですよね。

さて、みなさんは普段どんな睡眠をとられていますか?
ぐっすり眠れていますかね?

厚生労働省が発表した令和元年国民健康・栄養調査結果の概要によれば、20代、30代男女ともに日中に眠気を感じると答えた人が約40%にものぼり、また睡眠全体の質に満足していないと答えたのは約30%になりました。

それ以外にも何かしらの睡眠の悩みを持つ20代、30代は約70%もいるのです。
いかに、日本人が満足のいく睡眠をとれていないか分かりますよね。

みなさんは、どうでしょうか?

・寝つけない
・熟睡できない
・目覚めたときに疲れが残っている
・日中眠気を感じて、集中できない

ということは思い当たりませんか?
思い当たるところがあれば、それは睡眠の質が低下しているサインです。

睡眠の質は、人生の質に直結します。
良質な睡眠は、パフォーマンスを向上させ、肌の新陳代謝を上げたり、腸内環境を整えたりしてくれます。

その結果、生活の質を上げてくれるのです。

さて、本日は良質な睡眠をとりたい方、必見!
今話題の睡眠の質を上げるアイテム【CBD】についてお話していきます。

1.CBDはどんな成分?睡眠の質を上げる理由はECSだ!


CBDとは、カンナビジオール(CannaBiDiol)の略称で、大麻草の茎と種子から抽出して採れる成分であり、カンナビノイドと呼ばれる生理活性物質の中の一つです。

CBDオイル
出典:shutterstock

CBDは、その生理活性によりホメオスタシスの維持、つまり身体の働きを安定させることを助ける働きをもっています。また、ホメオスタシスは自律神経、ホルモンバランス、免疫機能の3つの機能のバランスによって成り立っています。

日々の仕事や日常生活でのストレスより、このホメオスタシスのバランスが崩れ、その影響で睡眠の質の低下、免疫力の低下などの身体の不調を起こすことに繋がっています。

私たちの体の中には、このバランスを保つ身体機能のひとつにECS{エンド・カンナビノイド・システム(EndoCannabinoid System)}というものが存在します。

CBD 効果
出典:shutterstock

CBDは、ECSに働きかけ、身体機能の正常化をサポートし、

・ノンレム睡眠を正常化し、睡眠の質を高める
・リラックス効果、ストレスや不安の軽減
・肌の新陳代謝を高める
・腸内環境の正常化

など様々な効果が期待されます。
このようにCBDは、ホメオスタシスを整えるサポートをすることで、ストレスの影響による過剰な反応を抑えてくれるのです。

特に睡眠において、CBDが睡眠の質を上げてくれることで、結果的に、疲労回復、腸内環境の改善などの効果が期待できます。

この睡眠の質を上げてくれる理由は、CBDがノンレム睡眠と言われる睡眠の質に最も密接に関係する睡眠状態を向上させるためと考えられています。

また、眠りについて初めの最も深いノンレム睡眠の状態では、成長ホルモンが多く分泌されます。この成長ホルモンは、疲労回復、筋繊維の回復、肌の細胞の新陳代謝を促してくれるもので、紫外線などのダメージを修復してくれる働きもあります。加えて、腸の細胞や組織を修復し、腸内環境を整える働きもあるのです。

CBDは、睡眠の質を上げ、体のメンテナンスをサポートしてくれる優秀な成分なのです。

2.CBDは大麻の成分って聞くけど、本当に安全なの?

ここまでCBDの魅力について説明してきましたが、みなさんがやはり気になるのが安全性だと思います。

みなさんの中には、「えっ、大麻?!」
怖いし、危ないんじゃないか?
と思われる方もおられると思います。

怖がる
出典:写真AC

ここは勘違いして欲しくないので、しっかり説明していきますね!

大麻草に含まれるカンナビノイド(生理活性物質)は100種類以上存在していて、主に利用されるのは2種類で、CBDTHCTetraHydroCannabinol(テトラヒドロカンナビノール))です。

CBD THC
出典:shutterstock

一般的に危ないと認知されているのは、THCにあたります。
日本において、THCは精神作用を持つことから法律で規制され、使用を禁じられています。
一方、CBDは精神作用がなく、安全性が証明されているため使用は許可されています。

日本の大麻取締法では、「大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」とされており、大麻草の葉、花、根の利用は禁止されています。
THCは上記の部位から抽出され、精製されますが、CBDは種子から採取されるため規制対象ではないということになります。

ちなみに七味唐辛子のなかに、大麻草の種子が入っているのはご存知ですか?

七味唐辛子
出典:写真AC

たぶん、みなさんも人生で一度は食べられたことはあると思うのですが、その時に精神作用が出た!危ない!なんて経験はありませんでしたよね?

それは、THCが入っていないので体に有害な反応が起こらないからなんですよね。
すでにみなさんは、知らず知らずのうちに大麻の成分を摂っていたにも関わらず、「大麻」と聞いただけで危険だ!」と判断してしまいがちなんですよね。

大麻の怖さのイメージはどこからきているか!

例えば、ふぐの刺身は美味しいですが、肝臓や卵巣にはテトロドトキシンという猛毒があるように。
じゃがいもは、いろんな料理に使えますが、芽にはソラニン、チャコニンという猛毒があるように。

大麻も同様です。

種子などに含まれるCBDは体にとって有用ですが、葉や根に含まれるTHCは精神作用があり有害なのです。

また、日本ではまだまだ認知度の低いCBDですが、WHOも安全性を認めています。
大麻、CBDに限らず、安全性は噂や思い込みではなく、根拠から判断することが大切ですね。

3.まとめ

いかがでしょうか?

冒頭でもお伝えしましたが、睡眠は人生の3分の1です。
睡眠が日々のパフォーマンスに影響していることは、みなさんご承知だと思います。

CBDは睡眠の質を上げる、生活の質を高めるアイテムの一つです。
CBDを摂って、あなたの生活の質をワンランク上げてみませんか?

来週は、睡眠の質を上げるための具体的なCBDの摂り方についてお伝えしたいと思います。

次回の記事もお楽しみに!

追記:2021.2.28記事アップしました。
【健康】睡眠の質アップ!寝る前のCBDは吸入タイプがおすすめ!

 

参考文献
・厚生労働省 令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要https://www.mhlw.go.jp/content/000710991.pdf (2019)
・大麻取締法https://elaws.e-gov.go.jp/document?law_unique_id=323AC0000000124_20191214_501AC0000000037 (2020)
・WHO CANNABIDIOL (CBD) Critical Review Report https://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/CannabidiolCriticalReview.pdf (2018)
・WHO Cannabidiol (compound of cannabis) https://www.who.int/news-room/q-a-detail/cannabidiol-(compound-of-cannabis) (2017)
・医療に使えるCBDオイルとは?臨床CBDオイル研究会 2020/2/7 https://cbd-info.jp/
・佐藤均 カンナビノイドの科学 日本臨床カンナビノイド学会 築地書房(2019) 
・アイリーン・コニェツニー ローレン・ウィルソン CBDのすべて: 健康とウェルビーイングのための医療大麻ガイド 晶文社(2020)
・旅路ゆう CBDグッズ購入ガイド2020 (2020)
・長吉秀夫 大麻 禁じられた歴史と医療への未来 コスミック・知恵の実文庫(2019) 
・武田邦彦 大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ 光文社新書(2009) 
・高城剛 大麻ビジネス最前線: Green Rush in 21st century 未来文庫(2018) 
・中山康直、長吉秀夫、丸井英弘 もうやめよう嘘と隠しごと 健康大麻という考え方 ヒカルランド(2020)
・せんしみほ みんなが大麻について知らないこと MiMa Books(2015) 
・Salahaden R. Sultan, Sophie A. Millar, Timothy J. England and Saoirse E. O’Sullivan frontiers A Systematic Review and Meta-Analysis of the Haemodynamic Effects of Cannabidiol(2017.2) 
・Ila M. P. Linares, Francisco S. Guimaraes, Alan Eckeli1, Ana C. S. Crippa, Antonio W. Zuardi, Jose D. S. Souza, Jaime E. Hallak and José A. S. Crippa frontiers No Acute Effects of Cannabidiol on the Sleep-Wake Cycle of Healthy Subjects: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Crossover Study(2018.4) 
・Eva Martínez-Pinilla, Katia Varani, Irene Reyes-Resina, Edgar Angelats, Fabrizio Vincenzi, Carlos Ferreiro-Vera, Julen Oyarzabal, Enric I. Canela, José L. Lanciego, Xavier Nadal, Gemma Navarro, Pier Andrea Borea and Rafael Franco frontiers Binding and Signaling Studies Disclose a Potential Allosteric Site for Cannabidiol in Cannabinoid CB2 Receptors(2017.9) 
・Sophie A. Millar, Nicole L. Stone, Andrew S. Yates and Saoirse E. O’Sullivan frontiers A Systematic Review on the Pharmacokinetics of Cannabidiol in Humans(2018.11)